社会貢献したいという欲求

Episode 2では「働く目的を考える」の有用性を書きました。

もしあなたの働く意義が社会貢献だとしたら、

私は心から尊敬します。

人は誰しも自己欲求を満たしたい生き物。

にも拘わらず、社会のため邁進することはなかなかできません。

そして、もし働く意義である社会貢献ができているのだとしたら、

たぶんこのブログを読む必要はないでしょう。

なぜなら、社会貢献ができているということは、

「自己」の尊厳欲求が満たされていることとイコールだからです。

社会貢献とは?

社会貢献とは、社会に貢献すること

社会とは、人間と人間のあらゆる関係を指す。 社会の範囲は非常に幅広く、単一の組織や結社などの部分社会から国民を包括する全体社会までさまざまである。(wikipedia調べ)

社会貢献という欲求

Episode 2でも書いた通り、

「働く=自分のため」ではなく、

「働く=社会貢献」だという人が増えてきました。

社会貢献の欲求が高いという方は、

裕福な家庭に育った方(さほどの不自由もなく育った方)が多いと言われています。

この論理は、マズローの欲求五段階説で説明できます。

 

マズローの欲求五段階説

マズローは、人間の欲求には5段階あると説きました。

この理論が面白いのは、人間は必ず、一層から順番に満たしていく生物だというところです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第一層:生理的欲求 生きぬきたいという欲求
第二層:安全の欲求 安全・安定を求める欲求
第三層:親和の欲求 誰かといたい、どこかのグループに所属したい欲求
第四層:自我の欲求 承認の欲求、ほめられたい、みとめられたい
第五層:自己実現欲求 自身が目指す理想の姿に近づきたい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

社会貢献は、第五層の「自己実現欲求」の究極系だと言われています。

ゆえに、社会貢献したいと考えるのは第五層まで欲求が満たされている証拠です。

(裕福な家庭に育った方に社会貢献欲求が高い方が多いのが何となくわかります)

 

あなたは今、何層目?

おもしろいことに第一層から五層まで「自分」の欲求のみです。

この理論を起点に考えると、

人間は「自分」が満たされないと「他者」まで範囲を広げようとしない生物のようです。

 

そして日本人の多くが第三層~四層をウロウロしているようです。

あなたは今、何層目にいるでしょうか?

 

まずは「自分」を満たすこと

まずは自分を満たしてあげることが大事。

有名な心理学者のアドラー先生も言ってます。

自分を好きになり満たしてあげることで、社会も満たしてあげる。

これが正しい順番です。

焦らず第五層を目指していきましょう!

 

ジェットコースターのように

ジェットコースターのように

第五層から突然、第三層まで落ちることがあります。

外部環境の変化による内部環境の変化です。

 

学生時代は第五層、社会貢献したいと考えていたが、

厳しい社会人生活を送る第三層まで落下、それどころではなくなった。

今は上司に認められるために必死、数字をあげることに必死。

 

社会人あるあるです。

社員面談などを思い返しても、ほとんどが第三~四層。

たまにいる目がギラギラした出世コースまっしぐらの社員が第五層だったり。。

 

今の「働く」が辛いなーと思ったら・・・

辛くなったら今どの層にいるのかを思い出し、

また第五層にむけて、上っていきましょう。

それを繰り返していけば、きっと第五層の住人になれるでしょう。

まずは自分を満たすことが大事!

 

過去話

以前、海外の大学での採用面接にて

「私の将来の夢は世界の難民を救うこと」と答えた学生がいました。

とにかくパワフルで努力家。

社会人になっても、誰からも好かれ、誰よりも一生懸命働き、

一緒に働く全ての人に認められる女性でした。

これは第5層の自己実現・社会的貢献の実現者です。

でもその後、詳しく話を聞いてみたら、幼少期にとても苦労した経験あり。

だからこそ、今それを乗り越えて、努力し、いつでも笑顔を絶やさないとのこと。

心からリスペクト。

辛い経験を乗り越えての第五層は本当に意味があると感じます。

コメントを残す